光触媒コーティングって何?除菌・抗菌だけじゃない、きれいを持続できる効果とは

光媒体コーテイング

ここ最近、除菌や抗菌などの衛生面について配慮することが増えました。

様々な除菌ツールを利用している方は多いはずです。

そこで、コーティングした個所に除菌・抗菌効果が期待できる「光触媒コーティング」というものが注目されているのはご存じでしょうか?

この記事では、光触媒コーティングの効果メリット・デメリットなどを詳しくご紹介していきます。

光触媒って何?

木と太陽

新型コロナウイルスが猛威を振るう今、除菌・抗菌対策として光触媒コーティングが注目を浴びています。

簡単に光触媒について説明しますと、太陽や蛍光灯の光によって表面上で酸化し、有害物質を水蒸気や二酸化炭素に分解して無害にする物質です。

当記事では光触媒コーティングについての解説を行いますが、まずは光触媒について詳しく説明いたします。

主成分は酸化チタン(TiO2)という物質

光触媒の主成分は酸化チタンという物質で、この物質は添加物で白色の着色料であり食料から化粧品、ネイルなど生活の中で知らないうちに使っている身近なものです。

赤ちゃんが口にしても問題ありません。

その安全性の高さから現在では飲食店やカラオケ、宿泊施設やバス、電車といった公共機関などの人の集まる場所で、光触媒コーティングが用いられるケースが増えました。

光触媒の仕組みとは?

そもそも光触媒の仕組みとは、光触媒である酸化チタンが光をエネルギーとして、付着したウイルスや細菌などを酸化させ、水や二酸化炭素などの害のない物質へと分解することで感染力や毒性を奪うものです。

そして、こういった能力をもつ酸化チタンを対象物にコーティングし、化学反応により浄化された環境を作れるのが光触媒コーティングとなります。

菌やウイルスの分解だけでなく、消臭防汚といった効果もあるのです。

光触媒コーティングとは

男性とスプレー缶

光触媒コーティングとは、化学反応によってウイルスや菌の除去に消臭や防汚もできる、酸化チタンを溶液化したコーティング剤を対象物に噴霧する作業のことです

新型コロナウイルスの蔓延をきっかけに、集団感染を起こすリスクを低くするための有効な手段として知られるようになりました。

あらゆるウイルスや菌を無害化する

屋内の場合には、壁紙や天井に溶剤を噴霧してコーティングを行うことによって高い効果が見込めます。

光触媒が光を受けて、異臭や黄ばみ等の変色、雑菌やウイルスを分解する化学反応を起こしてくれるのです。

光が当たる状況にある限り、これらの働きを続けてくれます。

室内でも光触媒コーティングは使える

ただの蛍光灯

酸化チタンを溶液化したコーティング剤を噴霧することから、屋外限定で行うものだと思われるかもしれませんが、光触媒コーティングは室内でも使えます

近年研究により室内でも使えるようになった

光触媒は、発見された当初は紫外線のみに反応するものであったため、外壁などの屋外の塗料として用いられていました。

しかし現在は研究が進み、光触媒は部屋の蛍光灯の光にも反応を起こすことが出来るようになりました

これにより光触媒は室内でも様々な恩恵をもたらしてくれるようになったため、室内での光触媒コーティングの事例が増えてきています。

室内での効果

室内 白い壁

研究が進んだことで、現在は室内でも光触媒コーティングによるメリットを享受できるようになりました。

そこで、室内での光触媒コーティングの効果について解説します。

抗ウイルス効果

光触媒コーティングの室内で得られる効果として最初に上げられるのは、抗ウイルス効果です。

光触媒がその表面に付いたウイルスや細菌といった有害な物質を、光を浴びることによって触媒にして、人に害のない水や二酸化炭素などの物質に分解します。

光触媒コーティングの中には、インフルエンザやノロウイルスはもちろんのことながら、新型コロナウイルスに対しても有効であると実証されているコーティング剤もあります。

ウイルスの消毒作業は、通常はアルコールや次亜塩素酸といった消毒液を使用し1日で何度も消毒作業を行う必要があります。

人の手で消毒しきれない場合でも、室内などにあらかじめ光触媒コーティングを行っておくことで、手間のかかる消毒作業を削減することが可能です。

防カビ・抗菌効果

光触媒コーティングには抗ウイルス作用があり、消毒の手間を軽減することが可能ですが、それ以外にも便利な効果があります。

それは、防汚効果防カビ効果です。

触媒の能力によって、汚れなどの蓄積を防ぐこともできます。

お風呂などカビが生えることの多い水回りにあらかじめ光触媒コーティングを施しておけば、この能力を生かして梅雨時などのカビが生えやすい時期でも、カビを予防できるのでオススメです。

また、光触媒コーティングにはカビの分解や繁殖の抑制といった効果も望めるため、すでにカビが生えてしまったという状況下でも効果が期待できます。

防臭効果

上記で説明した効果以外にも、光触媒コーティングには悪臭や異臭を分解してくれる消臭効果もあります。

生ごみをはじめとした様々な生活の中での悪臭や、ペットを飼っているご家庭、タバコを吸われる場合などに効果的です。

市販の消臭スプレーなどには、悪臭に対してさらに強い香りで上書きするといった性質の物もありますが、光触媒コーティングであればそういった香りの重ね付けや吸収ではなく、悪臭を元から分解してくれます。

屋外での効果とデメリット

煉瓦の壁

屋内での光触媒コーティングがもたらしてくれる抗ウイルスや防カビ、防汚、防臭効果について説明しましたが、光触媒コーティングは屋外でも利用することが可能です。

そこで、光触媒コーティングの屋外での利用における効果と、そのデメリットについても解説します。

外壁などをセルフクリーニング機能できれいを持続

光触媒コーティングを屋外の外壁や、窓ガラスなどに行うと、太陽光を浴びて化学反応を起こすことで表面についた汚れを分解してくれます。

また、光触媒の特徴である親水性も働き、雨が降ると汚れを自動で洗い落としてくれるために、手を加えなくても美しい状態を長く保つことが可能となるのです。

さらに、光触媒のもつ大気浄化作用ですが、1,000㎡の範囲に施工すれば街路樹のポプラの木の約70本分と同じだけの働きをしてくれるという研究発表もあります。

車通りが多いような場所は、排気ガスなどの汚れが付着することが多い為、光触媒コーティングが力を発揮しやすいです。

落とせない汚れもある

光触媒コーティングには防汚効果があるとはいえ、対応できない汚れというものも存在しますし、屋外ではそういった汚れが付着することも多いです。

例を挙げると、鳥の糞のような大きな汚れが付着してしまった場合などには、自動的に分解して綺麗になるといったことは望めません。

また、サビや土埃などもセルフクリーニング効果が働きません。

それらの汚れは無機質なものであり、光触媒コーティングによる分解作用では対処ができないためです。

光触媒コーティングは現在新型コロナウイルスの流行によって注目されていますが、万能のウイルス対策やクリーニング能力を持つというわけではないため、大袈裟な広告を見かけたら注意しなければいけません。

環境によっては効果が発揮されない

光触媒コーティングは様々な効果を発揮してくれますが、それは適切な状況下に限った話です。

光触媒は、そもそも光を受けることによって化学反応を起こし、人に良い効果を与えてくれるというものであるため、まったく光の当たらないような環境下では何の効果も望めないのです。

また、雨が当たらないような場所であっても、その親水性によるセルフクリーニング効果を発揮できません

太陽や雨が当たる環境下で、最も効果を発揮してくれるのです。

さらに、太陽や雨が光触媒コーティングを行った外壁の一部にだけ当たらないというような場合は、その部分だけ汚れきって見えてしまうということもあり得るので注意が必要となります。

光触媒コーティングなら林商会へ

富士山と太陽

林商会では「ナノゾーンコート」という光触媒コーティングを導入しております。

ナノゾーンコートでは、抗菌・防汚効果はもちろんのこと新型コロナウイルスをも分解するということが実証されました。

参照:日本国内の環境中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化効果試験に関するプレスリリース

また一般的な光触媒コーティングと違い、

・施工面に分子レベルで結合を行うため長時間効果が持続する
・室内の弱い光でも反応する

という利点も。

お客様のご不安を少しでも取り除けるようにと導入致しました。

気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

ナノゾーンコートについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事で詳しく解説しています。
ナノゾーン効果の効果・料金

まとめ

オレンジの夕陽

新型コロナウイルスが流行する中で、光触媒コーティングはウイルスの分解による集団感染防止効果などから注目を浴びています。

適切に使えば様々な恩恵を利用者に与えてくれるうえ、人体へもやさしい光触媒コーティングを取り入れてみてはいかがでしょうか。