• HOME
  • >
  • ナノゾーンコート
  • >
  • ナノゾーンコートは新型コロナウィルス対策に効果アリ?詳しい効果や、一般的な光触媒コーティングとの違いについて紹介
  • ナノゾーンコートは新型コロナウィルス対策に効果アリ?詳しい効果や、一般的な光触媒コーティングとの違いについて紹介

    ナノゾーンコート

    抗菌防汚効果が期待できる光触媒コーティング。

    その中でもさらに進化した「ナノゾーンコート」は、一般的な光触媒コーティングよりも高い効果が得られるとご存じですか?

    では具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

    この記事では、ナノゾーンコートの効果や他の光触媒コーティングとの違いを詳しくご紹介します。

    光触媒コーティングについて詳しくはこちらの記事をお読みください。
    光触媒コーティングが綺麗を持続できる理由とは

    ナノゾーンコートとは?

    青い防護服を着た薬品をまく人

    ナノゾーンコートとは、光触媒コーティングの中のひとつです。

    2ナノサイズの酸化チタンという物質を吹き付けることによって抗ウイルスや抗菌、消臭や防汚といった効果を得ることができます。

    光触媒というのは太陽光などの光に反応して表面が酸化反応を起こす物質で、それによって生成される活性酸素が様々な働きをします。

    つまり、部屋や家具を人に対して無害な光触媒でコーティングすると、その光触媒が光を浴びることで生み出す物質によって様々な効果を得られるのです。

    ナノゾーンコートと一般的な光触媒の酸化チタンコートとの違い

    ナノゾーンコート効果 (1)

    ナノゾーンコートと一般的な光触媒酸化チタンコートの違いには、バインダー(接着剤)を使わないことによる効果の持続時間の長さがあります。

    ナノゾーンコートに用いる酸化チタンはナノサイズと極めて小さく、酸化チタンが施工面と分子レベルで結合を行うためにバインダーが不要となります。

    一般的な光触媒コーティングだと、バインダーが剥がれて次第に効果を喪失していきます。

    しかしナノゾーンコートはそもそも接着剤を使わず、素材自体に結合するので剥がれ落ちる心配がありません。

    そのおかげで抗ウイルスや抗菌、消臭や防汚といった効果が長く続くのです

    また、ナノゾーンコートは「抗菌環境クリエイター」という資格を取得して施工します。

    専門技術を持った者が施工するため、粗悪な施工をされる心配がないというところも魅力です。

    ナノゾーンコートを使用するメリット

    消毒液とマスク (1)

    次に、ナノゾーンコートを使用することによって得られる、さまざまなメリットについて解説します。

    ウィルス対策になる

    ナノゾーンコートに用いる酸化チタンが生み出す酸化酵素は、菌やウイルスなどを細胞レベルまで分解して不活化する能力を持っています。

    「インフルエンザウイルス」や「ノロウイルス」などの、危険なウイルスを無力化し、分解することができるのです。

    また現在世界中で猛威を振るっているウイルス、「新型コロナウイルス」に対しても例外ではありません。

    未来環境促進協会と、ナチュラルフリー株式会社(ナノゾーンコートに用いる液剤の総代理店)による実験では、ナノゾーンコートに用いる溶剤での新型コロナウイルスの分解にも成功しました。

    ナノゾーンコートの導入は、新型コロナウイルスを含めた様々な病原菌への予防や対策にもなるのです。

    口に入っても安全

    ウイルスを分解することができるナノゾーンコートですが、用いられている酸化チタンは人体に対しては無害です

    ナノゾーンコートは「特に安全基準が厳しい」と言われるEU諸国でも、安全性を高く評価されているほどの実力なのです。

    ナノゾーンコートで使われている酸化チタンのナノソリューションは、日々の生活の中でも身近な存在で食品添加物や化粧品、洗顔料やネイルなどにも使われています。

    もし仮に口に入れてしまったとしても、人体に問題のない成分で構成されているためお子様やペットにも無害です。

    効果が半永久的に持続する

    これまでの光触媒コーティングでは、光触媒を対象にくっつけるためにバインダー(接着剤)が必要でした。

    しかし、ナノゾーンコートに用いる光触媒は極めて小さいナノサイズであるために、バインダーを使わなくても光触媒が施工面と分子結合します。

    従来のバインダーを用いた方法の場合は、時間が経つことでバインダーが剥がれてしまい、効果が失われていました。

    しかし現在のナノゾーンコートであれば、効果が失われにくく長きにわたってウイルスや細菌の分解や防臭、防汚の効果を発揮できるのです。

    ただし“素材そのもの”が劣化すると(表面が削られた状態になると)効果は落ちてしまうため、繊維が崩れやすい素材(ファブリックなど)よりツルツルした素材(金属など)の方が長持ちします。

    室内の弱い光でも十分な効果がある

    ナノゾーンコートの施工にバインダーがいらないという特性は、効果の持続性以外にも恩恵をもたらしています。

    それは、酸化反応を起こすために必要な光が、わずかなものでも反応するというものです。

    これまでのバインダーを用いる光触媒コーディングの場合は、粒子の一部がバインダーに埋もれてしまうために、強い光でないと反応せず効果を発揮できませんでした。

    しかし、ナノゾーンコートはバインダー不使用のため、すべての粒子がしっかりと光を浴びることができます。

    仮に室内の蛍光灯のような弱い光でも、十分に反応して効果を発揮することができるのです。

    パソコンや家電にも使える

    パソコン散布

    従来の方法でのコーティングはパソコンや家電、スマートフォンの場合には水没の恐れがありました。

    しかしナノゾーンコートは水没の心配が不要です。

    ナノゾーンコートは酸化チタン光触媒を用いるために、耐水性のないパソコンなどの電子機器でも水没させることがありません

    そのため、パソコンや家電などにも気兼ねなく施工できます。

    ナノゾーンコートの効果とは?

    マスクをする女性とウイルス

    ナノゾーンコートを使用することのメリットについて記述しましたが、次は、ナノゾーンコートを施工すると期待できる効果について詳しく解説いたします。

    ウィルスを分解して不活化、新型コロナウイルス対策にも

    1つ目は、コーティングが施された個所と接触したウイルスや細菌を細胞レベルにまで分解して不活化

    感染力や毒性などを無くし、活動を止めてしまえることが挙げられます。

    ナノゾーンエビデンス

    その効果はノロウイルスやインフルエンザなどの危険なウイルスはもちろん、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスに対しても有効だというエビデンスも取得しています。

    一般社団法人 未来環境促進協会(代表者:藤木克行 本社:大阪市中央区)と、弊社が扱うナノゾーンコートで使用する可視光応答光触媒の液剤の総代理店であるナチュラルフリー株式会社は、ナノゾーンコートに使用する液剤が、「新型コロナウイルス」(SARS-CoV-2)に対する光触媒の有効性実験において、細胞核(RNA)まで分解したことを発表します。

    引用:日本国内の環境中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化効果試験に関するプレスリリース

    活性酵素の働きによって除菌・抗菌が期待できるのです。

    一般のご家庭での病原菌対策にも有効ですが、学校や飲食店、もしくは電車やバスなどの公共交通機関においてもナノゾーンコートを利用するケースが増えています。

    菌の繁殖を抑制

    ナノゾーンコートを施すことによって、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの菌が増殖することを抑える、もしくは阻害するといった効果も期待できます

    光触媒による抗菌効果の実験として、

    ナノゾーン検証
    ・菌が繁殖してしまう事の多いスマートフォンの画面
    ・トイレの便座といった箇所

    上記の場所へ実際にナノゾーンコートを施した実験の結果です。

    ルミテスターという汚れを数値化する検査ツールにて、大幅に数値が減少していることがわかります。

    消臭効果

    ナノゾーンコートには、ウイルスの分解や菌の繁殖の抑制のほかに、消臭効果も確認されています。

    ご家庭によっては、ペットを飼われていてその臭いに悩まされているという場合もあるのではないでしょうか?

    ナノゾーンコートの除菌・消臭効果によって、ペットが原因の臭いも気にならなくなるのです。

    その他にも、トイレなどの匂いの気になる場所にナノゾーンコートを施すことで、長期的に消臭効果が期待できます。

    汚れを防ぐ

    最後に、ナノゾーンコートの施工によって期待できる効果として、防汚効果があります。

    ナノゾーンコートによって長期にわたって防汚効果が持続します。

    先ほどの検証写真にも掲載されていますが、手入れに手間がかかり掃除しにくいような外壁やブロック塀であったり、水槽などに施工することもオススメです。

    ナノゾーンコートで新型コロナ対策するなら林商会で

    消毒用の紙のクリーナー

    除菌・抗菌対策を行うなら、「ナノゾーンコート」の導入をオススメします。

    今回は実際に施工した事例・料金、林商会で導入するメリットについてご紹介します。

    ナノゾーンコートの実際の施工事例

    まずは林商会で実際に施工した事例をご紹介します。

    ナノゾーンコートの施工前後でルミテスターという「汚れ数値化ツール」を使用し、どの程度綺麗になったかを検証しました。

    洗面所ドアノブ:マイナス1,945

    まずは帰宅した人がまず接触する「洗面所のドアノブ」の事例です。

    【Before】

    ドアノブビフォー

    【After】

    ドアノブアフター

    Beforeでは2,313という数値ですが、ナノゾーンの施工後は368。

    およそ2,000の数値を下げることが出来ました!

    人が接触しやすいドアノブにおいて、300台という数値はかなり低い数値といえます。

    洗面台:驚異のマイナス8,218

    続いては洗面所のドアノブと同じく、帰宅した人がまず通過する場所「洗面台」です。

    【Before】

    洗面台ビフォー

    【After】

    洗面台アフター

    洗面台は更に汚れやすい水回りとなっており、Beforeはなかなかの数値で「9,552」…。

    しかし、施工後はなんとー8,218まで下がって「1,334」という数値まで綺麗にすることができました!

    ナノゾーンコート自体目に見えるものではないので不安に感じるかもしれませんが、実際にツールを使用し効果が検証されています。

    ナノゾーンコートの料金について

    続いては林商会のナノゾーンコート施工料金をご紹介します。

    床1㎡=2,000円~
    ※施工面積により単価は変動します

    【その他プラン】
    ●車一台2万円~
    ●お試しセット(浴室・キッチン・洗面台・ドアノブ等)5万円~

    他社の大きな違いは、林商会では「施工面積ではなく、床面積で見積もる」ことです。

    施工面積で見積もる場合

    ・床面積
    ・壁の面積
    ・机の面積など

    すべての表面積から見積もります。

    他社の場合、「〇㎡の部屋なのに予想よりも高くなってしまった‥」となる可能性も十分にあるので注意しましょう。

    一方林商会では、純粋な床面積の金額で壁や机などすべて施工いたします。

    1㎡あたりの料金で比較してしまいがちですが、良心的な価格設定となっているのでご安心ください。

    また一般的な光触媒コーティングと違い、再度施工する必要がありません。

    コスパの高さから見ても、光触媒コーティングを施工するなら「ナノゾーンコート」一択ではないでしょうか。

    まとめ

    マスクをした女性 白黒

    現在、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっているため、飲食店や公共の場・交通機関はもちろんのことながら、各家庭でもウイルス対策について考えることが増えています。

    信頼できる機関の実験により、ナノゾーンコートを利用することによるコロナウイルスへの効果が認められているため、今後様々な場所でナノゾーンコートが利用されていくことでしょう。

    実際に過去特殊清掃などをご依頼してくださったお客様からも、衛生面の不安について非常に多くのお問い合わせを頂きました

    そこで、林商会ではお客様の不安を解消するツールとして「ナノゾーンコート」が最適だと感じ導入を開始したのです。

    ・半永久的な持続効果でコスパの高さ◎である
    ・エビデンスも実証された光触媒コーティングである
    ・良心的な価格設定である

    以上の点から、ナノゾーンコートを導入してみてはいかがでしょうか。

    林商会では無料お見積りもお受けしていますので、まずはご相談ください。

    お問い合わせはこちら

    21.04.05

    この記事を書いた人

    終活瓦版 編集部

    終活瓦版 編集部

    遺品整理と終活の専門家集団です。年間6,000件以上の遺品整理、不動産整理の実績。複雑でわかりにくい終活まわりの様々な課題をわかりやすく整理して発信してまいります。

    投稿者の webサイト

    合わせて読みたい