category

  • HOME
  • >
  • 三回忌
  • >
  • 三回忌でのお返し(香典返し)金額の相場やおすすめの品物は?引き出物の選び方からお礼状・のしのマナーまで法要での疑問を解決します
  • 三回忌でのお返し(香典返し)金額の相場やおすすめの品物は?引き出物の選び方からお礼状・のしのマナーまで法要での疑問を解決します

    三回忌香典返しアイキャッチ

    一周忌同様、生前の故人とゆかりのある人が参列することの多い三回忌では、喪主から参列してくださった方に対してお返しを用意する必要があります。

    しかし一周忌から期間が空いたせいで、お返しに何を選ぶか・マナーはどうだったか忘れてしまった…という方も多いのではないでしょうか。

    そこで本記事ではお返しの相場や渡し方のマナーをわかりやすく紹介します。

    三回忌について詳しくはこちらの記事をお読みください。
    三回忌とはどんな法要?基本的なマナーについても紹介

    三回忌でのお返しについて

    三回忌でのお返しについて

    三回忌でのお返しは、四十九日法要や一周忌のときとほぼ同様の考え方で選びます。

    三回忌でも「香典返し」のようなお返しは必須

    通常、三回忌の法要に参列される方はお供え物を持参されるため、香典をいただいたときの香典返しに相当するお返しを引き出物として準備します。

    お返しには、わざわざ足を運んでくださったことに対しての感謝の気持ちと、無事に法要が終了したという報告の意味合いもあります。

    三回忌のお供え物とは、「御仏前」や「御供」と表書きされた金銭や、お花やお菓子、線香、果物などの品物を指します。

    香典返しのようなお返しは、主に「御仏前」や「御供」に対して行われます。

    御仏前や御供が香典と呼ばれることも多いですが、厳密に言うと、香典は故人の霊前にお供える物で、御仏前などは四十九日以降に仏様になったとされる故人にお供えするものです。

    そのため、三回忌では香典返しと呼ばず、単に「お返し」となります。

    お返しの品は消えものが一般的

    三回忌などの法要は「不祝儀」となるため、お返しも手元に長く残らない「消え物」を選ぶのが一般的です。

    法事・法要での消え物とは、食べたり使ったりするとなくなってしまう消耗品のことを指し、派手なもの、赤いものなどを避けた食料品や日用品などが定番になっています。

    三回忌でのお返しの相場

    三回忌でのお返しの相場

    お返しは金額の相場を知っておくと品物が選びやすくなります。

    お返しの一般的な相場

    三回忌でのお返しの相場は香典返しと同様の考え方で、受け取った金額のおよそ3分の1から半分程度が目安です。

    後日改めてお返しを贈る際の目安は下記の通りです。

    受け取った金額お返しの目安
    50,000円16,000円~25,000円
    30,000円10,000円~15,000円
    10,000円3,000円~5,000円
    5,000円1,500円~2,500円

    一方、法要当日にお返しを渡すときは、前もって準備しておかなければいけません。

    その際に基準となるのが親族や友人知人のお供え金額の相場です。

    ・父母………3万円~10万円
    ・兄弟姉妹…3万円〜5万円
    ・祖父母……1万円〜5万円
    ・叔父叔母…1万円〜3万円
    ・甥姪………1万円〜5万円
    ・いとこ、その他親戚……3千円~1万円
    ・友人知人…5千円〜1万円

    三回忌法要の招待状を出した人の割合にもよりますが、お供えの金額をおよそ1万円と考えてそのお返しは3,000円~5,000円程度とすると良いでしょう。

    法要後に会食を行う場合は?

    法要後に会食を行う場合、参列者もそれを考慮した金額を包むのが一般的です。

    そのため、お返しの金額は会食代を差し引いて計算します。

    受け取った金額5,000円の会食を用意した場合の
    お返しの目安
    10,000円の会食を用意した場合の
    お返しの目安
    50,000円15,000円~22,000円13,000円~20,000円
    30,000円8,000円~12,000円6,000円~10,000円
    10,000円1,500円~2,500円1,000円程度

    三回忌でのお返しの選び方

    三回忌でのお返しの選び方

    お返しの予算が決まったら次は品物選びです。

    消えものや消耗品でおすすめのもの

    三回忌のお返しは、消え物の中でも日持ちするもので個包装になっているものがおすすめです。

    ・乾物…のり、お茶、椎茸、麺類、調味料など
    ・洋菓子…クッキーやフィナンシェなどの焼き菓子、ゼリーなど
    ・和菓子…羊羹や饅頭など
    ・日用品…洗剤、石鹸、タオル、ハンカチなど

    逆に、持ち運びに気を遣うケーキなどの生菓子や、賞味期限が短いおはぎなどは避けた方が親切です。

    カタログギフトも人気

    最近ではカタログギフトがお返しに利用されることも多くなりました。

    受け取った参列者が好きなものを選ぶことができる、持ち帰りが楽、など多くのメリットがあるからです。

    特に三回忌ともなると、通夜や葬儀・告別式、四十九日、一周忌と出席されている方がほとんどなので、マンネリ化した引き出物より選ぶ楽しみがあるカタログの方が喜ばれるといった事情もあります。

    これはマナー違反!お返しで避けるべきもの

    お返しで避けるべきものとして、殺生をイメージさせる肉、魚などがあります。

    生き物の命を奪う殺生は仏教では最大の罪とされ、法要・法事などのお返しではマナー違反となるのです。

    また、持ち帰る途中で肉や魚が傷む可能性があることなども参列者への配慮が足りないと思われてしまいます。

    三回忌で渡すお返しのマナー

    三回忌のお返しに掛ける掛け紙の表書きや水引には、地域や宗教ごとのマナーがあります。

    のしの表書き

    はじめに、のし紙と掛け紙は混同しやすいですが、のしは慶弔用の印がついたもの、弔事には何もついていない掛け紙を使用します。

    よって、三回忌のお返しにおいても「のし」ではなく厳密には「掛け紙」を使用します。

    お返しの掛け紙の表書きは「志」「粗供養」などがあります。

    は、全国的に使われる一般的な表書きで、どのような宗教でも使えることが多いため覚えておくと便利です。

    粗供養は、四十九日以降の法事に使える表書きで、関西・四国・中国・九州地方の一部などでは志より一般的に使われています。

    のしの表書き

    表書きは薄墨ではなく普通の濃い墨で書きますが、印刷された掛け紙を使っても失礼にはなりません。

    なお、店舗で購入する際は、「のし紙」ではなく「掛け紙」を注文しましょう。

    加えて、蓮の絵柄が入った掛け紙は仏式専用であることにも注意が必要です。

    水引の色

    水引の色は、仏式の一周忌までは黒白か双銀、三回忌以降は青白か黄白の水引を用います。

    神式やキリスト教式では黄白が使われます。

    いずれの場合も水引の形は、一度結んだらほどけにくいことから「繰り返さない」という意味がある結び切りです。

    挨拶状を添える

    お返しの引き出物には、三回忌法要に集まってくれたことや、いただいたお供え物に対して挨拶状やお礼状を添えます

    <例文>

    拝啓 ○○の候 皆様にはすこやかにお過ごしのこととお慶び申し上げます
    過日 亡父○○ の三回忌に際しましては ご多用中にもかかわらず
    遠路お運びくださいまして 誠にありがとうございました
    ささやかながら 御礼のしるしとして心ばかりの品をお贈りさせていただきます
    略儀ながら 書中をもちましてご挨拶申し上げます
                       敬具
     令和○年○月
                〒000-0000
                ○○県○○市○○町1-1
                       山田一郎

    挨拶状などは印刷物を利用することが増えてきましたが、手書きする場合は、下記の点に注意しましょう。

    ・縦書きが基本
    ・繰り返し言葉は使わない
    ・句読点を入れない

    三回忌でお返しを渡すタイミング

    三回忌でお返しを渡すタイミング

    三回忌のお返しは法要の当日でも後日改めて送ってもかまいません。

    一般的には会食後に渡す

    三回忌のお返しは、施主が会食後に参列者に渡すのが一般的です。

    お返しは荷物になるので、参列者に余計な負担をかけないよう配慮します。

    渡すときは、一人一人に参列へのお礼を述べるのが望ましいですが、参列者が多くそれが困難な場合は、会食の最後にあいさつをして持ち帰ってもらうようにすることもあります。

    また、ホテルなどを利用したときはお願いしてそれぞれの食事の席に置いておいてもらってもいいでしょう。

    会食が無い場合や会食に参加しない人がいるときは、当日の法要行事が全て終了し参列者が帰るタイミングでお返しを渡します。

    後日郵送する場合いつまでに送ればいい?

    三回忌法要の当日ではなく、後日お返しを郵送という形で送る場合は1~2週以内がマナーです。

    お返しは三回忌法要が無事に済んだことの報告を兼ねているため、余計な心配をかけないようできるだけ早めに送っておきましょう。

    送る際は下記の点にも気をつけてください。

    ・包装紙は落ち着いた色(灰色・紺・紫など)
    ・送り状には品物の具体的な品名を書く
    ・品物を入れる紙袋は新しいもの

    三回忌に参列していない人へのお返し

    三回忌に参列していなくてもお供え物をいただいたならお返しはすべきです。

    発送は1~2週以内、参列された方にお返しするのと同じタイミングにしましょう。

    お返しの品を送る際には、法要が無事に終了したとの報告を兼ね、お礼状や挨拶状を同封します。

    <例文>

    拝啓  ○○の候 ご尊家ご一同様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます
    この度は 亡母 ○○儀 三回忌に際しまして ご厚志を賜り
    誠にありがとうございました
    ○月○日に法要を無事済ませることができました
    つきましては 供養のおしるしまでに粗品ではございますが
    御受納下さいますよう御願い申し上げます
    まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます
                         敬具
     令和○年○月
                〒000-0000
                ○○県○○市○○町1-1
                       山田一郎
                       親族一同

    まとめ

    まとめ-4

    三回忌のお返しは、お供え物や参列に対する感謝の気持ちと、無事に法要が終了したという報告の意味合いがあります。

    お返しの相場は半分~1/3程度、日持ちする消え物で個包装になっているものが理想です。

    掛け紙は地域や宗教ごとのマナーを守り、挨拶状などを添えることも忘れないようにします。

    マナーを守って故人の供養のために集まってくれた方々に失礼のないよう心がけましょう。


    21.01.28

    この記事を書いた人

    終活瓦版 編集部

    遺品整理と終活の専門家集団です。年間6,000件以上の遺品整理、不動産整理の実績。複雑でわかりにくい終活まわりの様々な課題をわかりやすく整理して発信してまいります。

    投稿者の webサイト

    合わせて読みたい

    三回忌のしアイキャッチ

    三回忌法要で使用するのし:表書きの書き方から水引の種類を香典やお返しなど用途別にご紹介します!

    冠婚葬祭の場面で贈答品や金銭を贈る際に使用する熨斗ですが、熨斗には用途に合わせた様々な種類とそれに合わせたマナ […]

    21.01.28
    三回忌 挨拶・献杯

    三回忌での挨拶と献杯はどうすればいい?例文や注意したいマナーや流れを解説します!

    三回忌や法事の会食の場で行われる挨拶と献杯。 献杯の挨拶は亡き故人との縁を大切にする礼儀でもあるので、挨拶の流 […]

    21.03.30
    三回忌 欠席

    三回忌に欠席する際の連絡や香典の金額・お供え物の選び方とは?

    三回忌は、故人の冥福を祈って供養として行われるものです。 三回忌は大切な行事となりますが、どうしても出席しなけ […]

    21.03.30
    三回忌香典袋アイキャッチ

    三回忌での香典袋のマナーまとめ!表書き・中袋・金額の書き方から水引の選び方まですべて解説

    三回忌などの年忌法要では施主に対し負担軽減などの意味を込めて香典を渡しますが、香典を包む香典袋にもたくさんのマ […]

    21.01.28
    三回忌

    三回忌とはどんな法要?基本的なマナーや準備の仕方のほか、参列者の服装やマナーについて紹介!参列できない場合の対応も解説

    三回忌の法要は、故人が亡くなった2年後に行うものです。 四十九日や一周忌までは経験があっても、三回忌には馴染み […]

    21.03.24
    三回忌お供えアイキャッチ

    三回忌でお供えにおすすめの品物は?のしの書き方マナーから現金で渡す場合の金額の相場・お返しなど徹底解説

    三回忌法要に参列するのであれば、故人にお供えするお供え物を用意しなければなりません。 生前好きだった花やお菓子 […]

    21.01.28