category

  • HOME
  • >
  • 家 解体
  • >
  • 家の解体でお祓い「解体清祓」は必須?行う意味や費用の相場・流れから建物以外の解体に必要なお祓いについても解説します
  • 家の解体でお祓い「解体清祓」は必須?行う意味や費用の相場・流れから建物以外の解体に必要なお祓いについても解説します

    家 解体 お祓い

    家の解体をする際、残置物の整理や工事を依頼する業者の手配、解体にまつわる様々な手続きなど家の持ち主はしなければいけないことが多くあります。

    その中で、「これも絶対にしなければいけないの?」と悩むものの中にお祓いも含まれているのではないでしょうか?

    なんとなくやった方が良い気はするけど本当に必要?

    この記事ではそのような疑問にお答えするとともに、お祓いの意味や流れ、費用の相場についても分かりやすく解説します。

    家の解体全般について詳しくはこちらの記事をお読みください。
    家の解体にまつわる疑問や費用を解説

    家の解体工事で行うお祓い「解体清祓」とは?

    家の解体工事に入る前に行う儀式として知られる「解体清祓(かいたいきよはらい)」。

    これまで何十年と見守ってくれた神様に対して、感謝の気持ちを表します。

    解体清祓では、今から家屋を取り壊す事情を報告するとともに、無事に取り壊しが完了できることを祈願します。

    解体清祓は神道の教えに基づき行うもの

    解体清祓は、家屋の守り神である屋船豊受姫神(やふねとようけひめのかみ)と、屋船久久遅神(やふねくくのちのかみ)に対して感謝を示します。

    神様、つまり日本の「神道」の考えに基づいて行われる行事です。

    仏教など他宗教でもお祓いは必要?

    仏教の場合、神道のように「神」や「霊魂が宿る」といった考え方が存在しないため、解体清祓を行うケースはごく稀です。

    ですので、特別な理由がない限り解体清祓は行わなくても良いでしょう。

    キリスト教の場合、悪魔祓いの儀式は存在しますが、家屋の解体時のお祓いをする風習はありません。

    地鎮祭と解体清祓の違いは?

    解体清祓と混同しやすいお祓いとして、「地鎮祭(じちんさい)」があります。

    地鎮祭については聞き馴染みのある人も多いのではないでしょうか。

    地鎮祭とは、新しく家屋を建てるときのお祓いのことを指します。

    敷地内に祭壇を設け、これから新しく家屋を建てることの報告と、工事の安全を祈願します。

    解体清祓の流れ・費用相場について

    解体清祓の概要についてお伝えしましたが、どのような流れで行えば良いのか、費用がいくらかかるのか、など分からないですよね。

    そこで、解体清祓の流れや費用について詳しくご紹介します。

    解体清祓の流れ

    解体清祓と所要時間は30〜60分程

    神社の神主様に来てもらい、お祓いをしてもらうのが一般的です。

    具体的な流れは以下のようになります。

    1. 開式の辞
    2. 修祓の儀(しゅばつのぎ):祓い清める
    3. 降神の儀(こうしんのぎ):神様を招く
    4. 献饌の儀(けんせんのぎ):神様に食事をお供えする
    5. 祝詞奏上(のりとそうじょう):神主(宮司)が祈祷する
    6. 清祓いの儀(きよはらいのぎ):家屋の四隅と入り口をお祓いする
    7. 取毀の儀(とりこぼちのぎ):神様に解体を知らせる
    8. 玉串奉奠(たまぐしほうてん):参列者一同が玉串をお供えする
    9. 撤饌の儀(てっせんのぎ):お供え物を下げる
    10. 昇神の儀(しょうしんのぎ):神様を元にお送りする
    11. 直会の儀(なおらいのぎ):神酒、神様のお食事である神饌をいただく
    12. 閉式の辞

    解体清祓の費用相場

    解体清祓では神主様にお祓いを依頼するため、ある程度の費用がかかります。

    費用相場の具体的な内訳は以下の通りです。

    初穂料(神主への謝礼金) 20,000~50,000円
    交通費(神主への車代) 5,000~10,000円
    祭壇の準備費用 5,000~100,000円
    お供え物代 10,000~20,000円
    菓子折り代(近隣への配布用など) 1,000~3,000円
    食事代(関係者用のお弁当など) 1,000~2,000円

    もっとも金額が大きいのは「初穂料」です。

    これは神主様へ支払う費用で、あわせて交通費も支払います。

    そのほか祭壇の準備費用、お供物代、菓子折り代、食事代などがかかります。

    全体の費用は50,000円程度ですが、業者に依頼する、あるいは敷地が広いなど大掛かりなお祓いを行う場合は、100,000円を超えるケースもあります。

    解体清祓のお供え物や服装のマナー

    祭壇で必要な道具などは「神主(神社)側」が用意してくれるケースがほとんどです。

    したがって、依頼する側が準備するものは、神饌(しんせん)というお供え物になります。

    お供え物として必要になるものは以下の通りです。

    • 米:1合
    • 塩:小皿に1杯程度
    • 水:コップ1杯程度
    • 酒:1升以上(熨斗つき)
    • 魚:尾ヒレ付きの新鮮な魚
    • 野菜や果物:数種類
    • 乾物:鰹節、昆布、するめなど

    お供え物は、米、塩、水、酒の4つが基本となります。

    それ以外のものは必須ではありませんが、「どこの神社にお願いするか」によって準備するものは異なりますので、あらかじめ神社や神主様側に確認しておきましょう。

    服装についてのルールは特になく、基本的には普段着で問題ありません。

    ただし普段着といっても、派手すぎる服やだらしない身だしなみは避けましょう。

    「お祓いをきちんと行いたい」という場合、フォーマルな服装に統一するのも良いでしょう。

    男性の場合はスーツ、女性の場合はワンピースなどを着用すると、お祓い全体が引き締まります。

    家の解体以外に必要なお祓い

    家屋を取り壊すときは「解体清祓」を行いますが、家屋以外のものを解体したい場合には、解体清祓とは別のお祓いを行うケースがあります。

    井戸の解体に必要な「井戸祓」

    井戸を解体する際に行うのが「井戸祓」です。

    解体工事中に井戸が発見されるケースが多く、井戸を見つけたタイミングでお祓いを行います。

    井戸祓を行うのは、井戸には「水の恵み」を与えてくれる神様が居るとされているためです。

    神様に対して何の報告もなしに勝手に井戸を埋めることは失礼とされているため、埋める前にお祓いをするのが一般的となります。

    井戸祓の費用は20,000〜30,000程度となります。

    記念樹など樹木伐採に必要な「樹木祓」

    敷地内に樹木があり、それを伐採する際に行うのが「樹木祓」です。

    昔から、樹齢の長い樹木をむやみに伐採することは神様に対して失礼だといわれてきたため、樹木を切り落とす際はお祓いを行います。

    樹木祓の費用も20,000〜30,000程度です。

    仏壇・神棚の移動や取壊しに必要な「魂抜き」

    仏壇や神棚を取り壊す際は、「魂抜き」と呼ばれる儀式を行います。

    言わずもがな、仏壇や神棚には神仏の魂が宿っているためです。

    そこで魂を「抜く」ことで、何もない状態にしてから仏壇や神棚の取り壊しを行います。

    仏壇の場合はお寺の僧侶に、神棚の場合は神社の神主様に依頼するのが一般的です。

    魂抜きの費用も同じく20,000〜30,000円程度になります。

    まとめ

    本記事では、家屋の解体工事で行う「解体清祓」について、以下のポイントを中心にお伝えしました。

    • 解体清祓は神道の教えに基づき行うもの
    • 基本的には「神道」で行うため、特別な理由がない限り仏教やキリスト教では必要ない
    • 解体清祓の所要時間は30〜60分程度、相場は50,000〜100,000円以上と差がある
    • お供え物は米、塩、水、酒の4つが必須。そのほかは神社によって異なる
    • 家屋の解体以外にも「井戸祓」「樹木祓」「魂抜き」などを行うケースがある

    神道の教えに基づいて行う解体清祓ですが、費用やお供え、そのほかの儀式の必要不必要は異なります。

    どれくらいの敷地なのか、お供え物には何が必要なのか、解体清祓以外に行うべきお祓いはあるかなど、あらかじめ神社や神主様側に確認しておきましょう。

    家の解体費用について詳しくはこちらの記事をお読みください。
    家の解体費用の相場や補助金制度について


    21.05.24

    この記事を書いた人

    終活瓦版 編集部

    遺品整理と終活の専門家集団です。年間6,000件以上の遺品整理、不動産整理の実績。複雑でわかりにくい終活まわりの様々な課題をわかりやすく整理して発信してまいります。

    投稿者の webサイト

    合わせて読みたい

    家解体 補助金アイキャッチ

    家の解体工事で補助金・助成金は受けられる?空き家の相続や売却についても解説

    家を解体する際に、自治体から補助金や助成金などの支援を受けられる場合があります。 ただし支援を受けるには、自治 […]

    21.04.23
    家解体 自分でアイキャッチ

    自分で家の解体は出来る?掛かる費用や許可・資格・手続き・流れについて解説!

    家の解体を自分でしても問題はありませんが、重機を扱う為の資格や廃材の処分費用などが必要です。 また建築リサイク […]

    21.04.23
    家解体 家具アイキャッチ

    家を解体する時に家具や家電はどう処分する?業者と自己処分ではどちらが安いのか

    家の解体をする際、残った家具の処分を業者に依頼するか、自力で処分するかで迷う方も多いのではないでしょうか? 木 […]

    21.04.23
    ごみ屋敷 解体アイキャッチ

    家を解体する工事費用の相場や業者の選び方は?家は解体してから売却するべきか解説

    家を解体する場合、解体業者へ依頼することがほとんどでしょう。 ただし、業者の中には工事後に高額な費用を請求した […]

    21.04.22
    家 解体 業者アイキャッチ

    家の解体で業者選びに失敗したくない!工事費用の相場と相見積もりすべき理由・業者の選び方やトラブルに合った際の対処法についても紹介します

    家の解体をするために業者へ依頼したいが、何を基準に選ぶべきか分からない…。 家の解体は滅多に経験することではな […]

    21.05.24
    家 解体 手続きアイキャッチ

    家の解体で必要な手続きや届出について:工事の前後で必要な手続きの手順や注意点についてわかりやすく解説します

    家を解体するには「業者に依頼をして家を解体するだけ」ではなく、様々な法的手続きや届出が必要になっています。 中 […]

    21.05.24